血液循環療法

血液循環療法は、器具も薬も用いず、手指のみで病を癒す手技療法であり、人の行う業としては最高の技術である。

癌は、ストレス、不自然な飲食物の摂取、汚染された自然環境などにより血液が悪(癌)化し、末梢の血液循環の低下した弱い部分に発生する。虚血性心疾患、脳血管疾患の原因は動脈硬化である。

動脈硬化の原因も血液の汚濁化、酸毒化である。血液循環療法は、幹部や全身の血液の循環を促進し、体の隅々の細胞に新鮮な酸素を供給し、悪化した血液を健全な血液へと浄化し、自然治癒力を最大限引き出す「無害にして有効な自然療法」である。

a、循環療法
ア、内皮細胞の代謝促進、活性化、変性の修復、壁の弾力性を回復する。
イ、血管内の塞栓物質を押し流し、流れを正常化(乱流→層流)にする。
ウ、全身のチア者を促進し、高脂血症の解消、粘稠度↓(サラサラ血液)

b、現代医学
動脈硬化症を根治的に治す有効な方法はなく、対処療法だけに過ぎない。